プラスティック溶着加工の(有)エフシー・フクシマ

業務内容

①オーダーメイドPPファイル・バインダー企画・製造・販売

 〇医療用カルテファイル・フォルダー・バインダー

 〇事務用ファイル・フォルダー・バインダー

 〇その他 PP製品・硬質塩ビ製品・PET製品・・・

②受託加工

 〇ヒートシール加工 〇超音波溶着加工 〇箔押し加工

 〇その他 2次加工

③受託作業

 〇各種アッセンブリ・セットアップ

 〇配送・配達 etc・・・

業務形態

主な業務の流れ例)

  1. 材料から~打抜き~ヒート・超音波溶着加工・~配送
  2. 打抜き~溶着加工~配送
  3. 溶着加工~配送
  4. 箔押し~配送
  5. 溶着加工のみ
  6. その他

*弊社では、皆様の様々な形態に対応し、お手伝い致します。他にご要望があれば御相談ください。

ヒートシール加工とは

ヒートシールアイテム

その名の通りヒート(熱)シール(溶着)加工のことです。熱伝導によって加熱する加工法で、接着剤の塗布面を間接的にアイロンなどの熱で溶かして多面に接着させること。または接着剤などを使用せず、熱可塑性の部材を融点をこえるまで加熱し、圧力を加えて部材通しを結合させる加工方法です。加工方法には熱板式・熱風式・インパルス式・コテ式様々な方法があります。                                    弊社では、ヒートシール機にて熱板式とよばれる溶着方法での加工を主として、ポリプロピレン(PP)という素材を使用し、ファイル・バインダー、名刺ポケット付け等を製作する際に利用しております。            ただし、印刷などフィルム・シートに加工が施されているもの、また素材の違う材料(塩ビ・オレフィン等)には対応が難しい機械での加工方法です。

超音波加工とは

超音波溶着アイテム

電気エネルギーを機械的振動エネルギーに変換し、15~50キロヘルツ程度の超音波振動に変え、それと同時に加圧をかけることにより2つの熱可塑性樹脂部材の接合面に強力な摩擦熱を発生させ、樹脂を分子レベルで溶融し結合させる加工法です。                                           こちらはヒートシール加工では困難な印刷物や材料・厚みへの対応が可能となり、かつ溶着強度も優れている為、多くの製造分野でのプラスティック溶着加工に使用される加工の1つです。

箔押し(ホットスタンプ)加工とは

箔押しアイテム

金属でできた凸版で金・銀等の箔押しフィルムに加圧・加熱を行い、文字やロゴ等を紙・皮・プラスティック等の媒体に熱転写する加工方法です。箔押しに使用するフィルムで代表的なのは金・銀などに代表されるメタリック箔ですが、フィルムに顔料を定着させた顔料箔や、ホログラム箔など、用途・効果に合わせて豊富な種類が揃っています。箔フィルムの裏面には接着剤がついており、接着剤を版からの熱で活性化し、媒体に箔を転写する。また、接着剤の種類を変える事により、紙・皮・プラスティックなど、色々な素材に対応できます。              箔押しでの印刷はインクを使用した印刷方法に比べ光沢があり、特にメタリック系は豪華で存在感があります。また、版製作や加工が他の印刷方法よりも比較的にお手軽に出来る為、名入れやロゴなどの印刷に多く使用されます。しかし、機械によって違いますが、余り大きな面積のものが1度に加工できず、かつ多くの色を要する印刷や特色を使用する印刷には不向きな感もあります。

その他加工

その他加工

バインダーに金具を取り付けたものや溶着加工をせず、組み立てるだけでバックやケースになるもの、金具に装着する為に穴開け加工を施したもの等々、お客様のご要望に応じて対応致します。

ウエアー・雑貨オリジナルプリント

プリファーム紹介_02

有限会社エフシー・フクシマ

住所

〒132-0013

江戸川区江戸川2-4-5

営業時間

9:00~18:00

定休日

土・日・祝

サイト内検索

Copyright (C) fcfukushima.cloud-line.com All Rights Reserved.